世界総極真 設立趣旨

代表 大石代悟

最高顧問 長谷川一幸

範士紹介

公認師範紹介

世界勢力図

加盟道場

国内の道場 海外の道場

 » 国内の道場   » 海外の道場

世界チャンピオン

全日本チャンピオン

総極真選手会

国内選手紹介

» ジュニア

海外選手紹介

昇段レポート

公認師範書籍・DVD

行事案内

» 年間行事予定
» 全日本・地区・交流大会
» 行事予定(国内)
» 行事予定(海外)

公認資格名簿

» 有段者名簿(国内)
» 有段者名簿(海外)

世界総極真 事務局(海外)

〒466-0854
愛知県名古屋市昭和区広路通4-7
TEL:088-686-1853
world@sokyokushin.com

世界総極真 事務局(日本)

〒422-8043
静岡県静岡市駿河区中田本町7-31
TEL1:054-283-7283
TEL2:055-923-3996
FAX:050-3047-3404
japan@sokyokushin.com

 サイト内検索 Search

Home » 昇段レポート » 昇段レポート 朝比奈 久美子 初段(2014年3月2日取得)

昇段レポート 朝比奈 久美子 初段(2014年3月2日取得)

朝比奈 久美子

朝比奈 久美子
初段(大井川道場)2014年3月2日取得

この度は、昇段審査を受けさせていただきありがとうございました。

私が極真会館大石道場へ入門したのは1996年1月のことです。私は先天性股関節脱臼という病気でしたので、学生の頃は体育以外の運動はしたことがありませんでした。それなので私の口から「極真空手に見学に行きたい。入門したい」との言葉は両親にとって驚きと反対以外の何物にもなかったと思います。ですが私の決心は固く焼津道場へ入門させていただきました。焼津道場の稽古は厳しく、心が折れそうな時もありましたが、両親の反対を半ば強引に押し切って入門した手前投げ出すことはしたくありませんでした。そして、どんなに弱い気持ちになっても、頑張ってこれたのは池谷正好先生と大石和美先生、諸先輩方のおかげだと思っております。

そして、4年が過ぎた頃、結婚・出産のため、焼津道場を退館しました。しかし、子育てが落ち着いてくると極真空手の中でやり残したものがあると感じ、大井川道場に再入門させていただきました。しかし、何年も空手から離れていたのでみんなと同じように稽古するのはとても大変なことでした。気持ちと体がついていけず、空回りすることもあり、情けなくて悔しくて家に帰ってから誰にも知られずに泣いたこともありました。そんな弱さを克服するため、普段の稽古に加え、強化稽古にも出させていただきました。黒帯や上級帯の一般部、どんどん強くなっていく少年部に囲まれ、進歩しているかわからない自分。自分だけが場違いで、強化稽古の質を落としているのではないかと何度も自己嫌悪に陥りました。しかし、再入門した時の気持ちを思い出し「私には後がない。1つずつでも乗り越えていこう」と気持ちを切りかえ続けてきました。

そして、試合も経験しました。焼津道場にいた頃は他人事だと思っていたのですが、大井川道場では、みんなが試合に出ていました。少年部の「自分よりも体の大きな子に向かっていく姿」、「何度倒されても起き上って向かっていく姿」は、私に勇気を与えてくれました。私も試合に出てみようと決心したのもその時です。
そして、試合の経験も積んで、先生からの勧めもあり公認審査を受審させていただくことになりました。10人組手は、今までやってきた事を全て出し切ろうという思いで臨みましたが、体が思うように動かず何度も諦めそうになりました。しかし、主審をやってくださった大石和美先生の励まし、道場生や女子部の方々からの応援が私の背中を押してくれました。周りの方々からの声援のおかげで最後までやりきることができたと思っています。今回、このような経験をさせていただき、自分自身の未熟な部分を知ることができました。これからはその1つ1つを克服し、真の黒帯になれるよう、そしてこれらの経験を後輩たちに伝えられるよう精進していきたいと思います。

最後にこのような機会を与えてくださった大石最高師範ならびに先生、諸先輩方。また、応援していただいた道場生や父兄の皆様、そして、家族に感謝の気持ちを申し上げます。ありがとうございました。

押忍


お問い合わせ・加盟申込
Contact us or Entry

このページの上部へ