世界総極真 設立趣旨

代表 大石代悟

最高顧問 長谷川一幸

範士紹介

公認師範紹介

世界勢力図

加盟道場

国内の道場 海外の道場

 » 国内の道場   » 海外の道場

世界チャンピオン

全日本チャンピオン

総極真選手会

国内選手紹介

» ジュニア

海外選手紹介

昇段レポート

公認師範書籍・DVD

行事案内

» 年間行事予定
» 全日本・地区・交流大会
» 行事予定(国内)
» 行事予定(海外)

公認資格名簿

» 有段者名簿(国内)
» 有段者名簿(海外)

世界総極真 事務局(海外)

〒466-0854
愛知県名古屋市昭和区広路通4-7
TEL:088-686-1853
world@sokyokushin.com

世界総極真 事務局(日本)

〒422-8043
静岡県静岡市駿河区中田本町7-31
TEL1:054-283-7283
TEL2:055-923-3996
FAX:050-3047-3404
japan@sokyokushin.com

 サイト内検索 Search

Home » 昇段レポート » 昇段レポート 吉永 卓朗 弐段(2014年3月2日取得)

昇段レポート 吉永 卓朗 弐段(2014年3月2日取得)

吉永卓朗

吉永 卓朗
弐段(焼津みなと道場)2014年3月2日取得

「初心にかえって」

一年程前だったと思いますが、大石最高師範から二段の審査を受けてもいいとのお言葉をいただきました。自分の直接の師である大石和美先生にも、挑戦してみろ!と背中を押されました。

正直、その時は押忍といったものの、自分が二段?と戸惑いがありました。

自分が入門した一七年程前、焼津道場には八名程の黒帯の先生、先輩方がいらっしゃいました。言葉が乱暴で申し訳ありませんが、大石先生含め当時の極真の二段といえば「化け物」みたいな人達でした。精神的にも肉体的にも尋常ではありませんでした。自分がその二段の審査を受けてよいものかと自問自答しておりました。

暫くたち、戸惑っているのは、ただ逃げているだけだと思い、入門当時のとにかく強くなりたい!という想いを思い出し、審査を受ける決心をしました。しかし同時に会社の方が忙しくなり、稽古時間が減ってしまし、弱気になっていた時がありました。そんな時、同じく焼津みなと道場で指導をしてくださっている田平先輩が「この状況で稽古をして、審査を受けて二段を許されたら吉永自身の自信にもつながるし、これからの指導にも深みが増すと思うよ」と言ってくれました。またしても初心に帰った思いでした。

武道空手道というのは道です。険しく厳しいですが、歩き続けなければいけないという大石最高師範のお言葉を胸に、自分の体がどうなろうと最後まであきらめないでいこう!昇段を許されたら、今以上に空手の稽古に精進しよう!と決意と覚悟を決めました。

審査当日の内容はまだまだ自分の未熟さを痛感しました。

二十人組手も田平先輩はじめ多くの方々の声援と、対戦してくれた人達の気持ちに支えられ、なんとか完遂することができました。昇段を許されたからには、極真の二段として恥ずかしくない様、日々の稽古に励みます。

最後になりましたが、常に挑戦することを教えてくださった大石代悟最高師範自分をここまで育ててくれた大石和美先生声が枯れるまで応援してくれた田平先輩当日仕事を抜けて激励してくれた、静岡西道場の長谷川先輩竜南道場の竹田君、静岡西道場の奥村君、そして焼津みなと、大井川道場の後輩、父兄の皆様、本当にありがとうございました。

押忍


お問い合わせ・加盟申込
Contact us or Entry

このページの上部へ